思っていたよりも。

人間は、強い。心は、簡単に波立たない。
そんな風に思って過ごした、この数日間。ちょっと、間違っていたことに正直どきどき。
ちょっと暗いので、気にする人は、スルーしてください→つづきはこちら


 一日一回ぽちっと ランキング参加。応援お願いします

ブログに慣れていない方も、地図で確認。
ひなたのブログ内地図です。

季節の待受け画像は、一年2400円にて携帯配布しております。
途中申込みの方は、残り月数×200円で受付してますので、お気軽にお申し込みください。

※2009年度の割引早期申込みは、10月~11月頃になります。
-------------- お願い --------------
無許可での画像転載・転用・持ち帰りはご遠慮願います。
著作権は放棄しておりませんので、ご希望の方は、メールくださいね。
hinata_hitou☆yahoo.co.jp ☆の部分を@に変えて送信してください。
---------------------------------





『azul』

アズゥと読みます。
今更、説明の必要はないでしょうけれど、先日眠りについた、うちのインコの名前。
とてもキレイな青色だったので、『青』と名づけました。
英語だと、ちょっとズバリすぎるので、ポルトガル語で<どっちにしてもそのまんま

この名前を他で目にすることなんて、思ってもみなかったので、本当に心臓が止まるほどに、どきどきしました。
まだまだ、修行が足りません…orz

ちょっとやそっとで、悲しみや寂しさに揺らぐことなんて、無いだろうとタカをくくっていただけに、本人結構ショック(笑)
人間は、強いと言っても、ひなたは弱いです。それは、十分にわかっています。
しかし、今はまだ、何が寂しいとか、何が悲しいとか、どれが寂しいとか、どうしたら凹んで行くとか…そんな答えは見つかっていません。
なので、感じ方が鈍くなっていて、それを、『強さ』に置き換えて過ごしています。

残った品々は、やはり、まだ処分出来ていません。
まだまだたくさん入っている薬を見ると、胸が痛みます。
流動食を与えていた、注射器チューブを見ると、胸がちくちくと痛みます。
キレイにしたケージ。キレイにした止まり木。キレイにした水入れ。キレイにした餌入れ。キレイにした菜っ葉入れ…そんなものを目にすると、『ああ、もう居ないんだ』と思います。

アズゥの通院に使っていたバッグも、そのまんま。
処分しそびれたモノ達が、罠となってひなたを捕縛します(笑)
わかっていても、勢い無くして、それらを処分など出来そうにありません。
近々、『えいやっっ』と、処分する方向です。

後を向いているわけではなく、『今』から動けない。前に進んでいても、気持ちがどこかで迷子。
そんな不思議な感じです。

アズゥは、拾った仔であるにも関わらず、アタシとよく似ていて、静かな環境が好きでした。
だから、二人っきりでいると、とっても平和。
一日テレビをつけずに過ごしているときもあるぐらいに、ひなたは、音が無くても平気。
音楽を聴くことも、少ないです。
アズゥは、小さな小さな音にも、敏感でした。なので、ひなたと静かに過ごしている時間は、平和だったはずです。
二人して、居るか居ないかわからない、静かな空間を共有していました。
パソに向かって作業をしていると、『おなかが減った。誰も居ませんねー?』と、確認するかのように、鳴き出して、ひなたがそのまま顔を見せないと、ぱりぱりぱりぱり…と、餌をついばむ音が聞こえてくる。
それは、とても平和で、幸せな時間でした。

だから、アズゥが居なくなったから、特別に静かになったという感じはありません。
ただ、その幸せな『音』が、聞こえてこないだけです。それは、とても寂しいです。
洗いものをする時、トイレに行く時、お風呂に入る時、ご飯をする時、家で動くときには、必ず、声をかけていました。
アタシが動くと、その音や、動きに対して、とてもびっくりして怖がるから、よく声をかけながら、ケージの近くを通っていました。

『アズゥさーん^^』

と、声をかけるのが、当たり前で、癖になってました。
家から、出るときも、帰ってきたときも、アズゥが基準でした。
今から考えると、生活の一部になっていたんですね(笑)

アズゥのことは、たくさん思い出します。
でも、最後に聞いた声は、流動食をいやがって鳴く声でした。
鳴く力なんて、どこにも残っていないのに、『いやだ』と鳴く声が、最後に聞いた声でした。
きっと、それは、アタシの中で、棘となって残って行くんだと思います。

手元に、アズゥの羽が残っています。
元気な時に抜けたものが、一本。たぶん、弱ってから抜けたものが、一本。
同じくらいの長さなので、同じ種類だと思われます。
キレイな羽です。

『一年かかって、いろんな場所の羽も抜け変わるのかな♪』

と、楽しみにしていました。
長く、キレイな羽が、生え換わるのを、楽しみにしていました。

アズゥの残したものは、たくさんあるけれど、形あるものは、その羽だけです。
アズゥが、存在したという証拠は、それだけです。
その羽自体に、思い入れがあるわけではないので、今はまだ、それを見て何か感じるわけではありません。
それは、もっと先の話だと思います。
今はまだ、時々、思いもよらずに押し寄せる記憶と、寂しさと戦うことが先(笑)

この歳になって、こんな気持ちと戦うことになるなんて、思ってなかったので、結構ダメージです。
『飼うんだ』と思って、お迎えしたのなら、また気持ちは違ったでしょうけれど、ある日突然やってきたので、心構えゼロ(爆)

今年は、正月早々運の悪いこともあったし、アレもコレも、よくない感じで進んでる。
神様ー、ちょっとゆっくり試練を与えてください…orz
[PR]
by hinata-honobono | 2008-01-05 04:24 | 奏生 / 幸せの青い鳥
<< かなり長期間にわたり。 明けてしまいました。 >>