<   2009年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

痛いデジャウ゛

c0088343_111234.jpg

「前にもこんなこと…あった?」と思うことがたまにあります。
急ぐときに限って、切ったり刺したりしませんか?

「なぜ今?」てな時にちーさく負傷。
前回は血が止まりませんでしたが、もう完治。

今度は鉛筆の芯に攻撃されました。
流血は無し。
チクっとではなく、ブスリといった感じ。
血が出なかったことは幸いでしたが、あまりにもきっちり刺さったため、芯の色が皮膚中から抜けず(涙)

じくじく痛むので少しキレ(なぜ。笑)、皮膚を少しぐりぐりして芯の色を抜きました。

人工的なホクロなんか要りません。
でも、後が残りそう。
どっちにしてもダメなんかよ!(泣笑)


生まれつきの傷跡残りやすい体質は、母上からの立派な遺伝。
彼女はアタシよりももっとはっきり残る。
親子で傷の完治までに時間がかかる。
先生は、ひなたが生き物としてアレコレ弱いからだと思ってるけど(否定出来るのか?笑)、た、た、体質も関係してるんだいっ。


以前、アタシが小さな怪我をして「治りがおそいねー」といじけていた時、相方さんも同じような怪我をしましたが…


ナンデサキニナオルネン…orz



いくらスポーツしてるからって、なんだあの差(涙)
あの時の衝撃はかなりのものでした(T_T)
アタシは相方さんが治ってからもまだ、いじけながら回復を待ちましたトサ。


あー、ジクジク痛いなぁ指。
小さい傷が痛むと、妙に疼いたりしてイライラする。
早くなおれー。


小さく耐えてるひなたにぽちっと(笑)

[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-31 11:01 | 雑談 振分け

小さな光も集まるとデカイ。

c0088343_2222508.jpg

友人親子が参加している、市民ミュージカルの恒例舞台が今年も行われた。

アタシも予想外の支援があり、観に行くことができた。

素人の集まりだからと、バカにしてはイケマセン。
アタシは舞台を観て出演者から溢れる気持ちに感動出来るし、笑顔ももらう。
一生懸命に伝えよう、伝われ!という気持ちを感じることが出来る。

何かと比べて批判するのは簡単だけれど、素直にぶつけてくる彼らのパワーに感動出来ないなんて、何だか損してると思う。

小さなことも楽しめる、小さなことにも感動出来る。
アタシはかなりお得な人だと、こんな時に思う。

楽しむハードルを高くするなんてしない。
感動ポイントを困難にしたりしない。
だってそれは、楽しむことや感動することの質をあげている訳じゃないと思うからしたくない。
ただ、楽しむ幅を狭くしているだけ。

適当に作られた舞台や、やる気の無い演技なら、それは観る価値も無いと思う。
何も伝わらないもの。
でも、舞台の上の人たちは、楽しそうで一生懸命。
自分の力を全部出してるんだろうなぁ、って感じる。
その姿だけで、涙が出そうになる。

小さなことに感動できない人が、誰に何を伝えられるんだろう。
アタシはいつもそう思う。
人を感動させたいならば、何かを伝えたいならば、自分がまず「そう」ある方がいいんじゃないかと思う。
だって、アタシには小手先の技術なんて無いもの。
自分が全て。
アタシのアンテナが何かをキャッチするから、何かが生まれる。
生まれてもないものを、生まれたようにみせるには、まだ経験も根性も足りない。

未熟なアタシが誰かを感動させることは難しいけれど、何か伝わってほしいから、アタシもアンテナを立てておこうと思う。

小さなことを楽しみ、心を動かせる人でありたい。
人の一生懸命な姿に感動できる自分でいたいと思う。

あらためてそんなことを思う一日でした。




追伸
某サトウ1が(アタシはサトウ2)拾ってくれたおかげで、寒さに凍えずにすみました。
無事に帰宅。
クルマばんざい。
文明ばんざい。
ハンバーグばんざい(をい)
ありがとう。


最後は食い気?デスが応援よろしく☆

[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-29 22:22 | 雑談 振分け

乙女的にはどうよ!この差し入れ!

ワタクシに、灯油(ポリ容器付)が贈られました。
いやーん(>_<)
ありがとー!

プリンにガトーショコラも!

後者は、乙女な感じですが…前者の男らしいこと(笑)

わざわざ届けてくれてありがと!
これであったかい夜明けを過ごせるわっっ。
夜中と明け方が寒かったのー。

一時は冗談かと思われていた灯油の差し入れ。
実現してしまいました…orz

すまぬと思いながらも小躍り(本当に寒かったらしい。笑)

ありがと
ありがと
ありがとー♪

おやすみなさい


ポリ容器バンザイに、ぽちっと☆

[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-28 17:47 | 雑談 振分け

タイミング逃した記録たちその2

c0088343_12135442.jpg

c0088343_12135475.jpg

c0088343_12135426.jpg

友人宅でのお家パーティ。
カニカニー♪
喜んではおりますが、触りながら美味しく食べれるようになったのは、昨年からです(爆)
いやぁ、中身は大好きなんですが…あの姿が恐ろしくて(涙)


なんだかここ数年、えびマヨをよく頼みます。
歳取ってから好きになるメニューって感じでもないんですがねぇ。
ま、んまければいいか。

ひなたにぽちっと☆

[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-28 12:13 | 雑談 振分け

タイミング逃した記録たちその1

c0088343_11563784.jpg

c0088343_11563759.jpg

A店での少し遅い新年会の時のもの。
んまい楽しい会でした。
招いてくれなければ、参加不可能だったのでとても感謝。

掲載速度と撮影枚数が合ってないので、タイミング逃しまくりの写真がまだまだたくさんあるとかないとか(をい)


はっはっはー orz

メゲルナひなた(笑)


ひなたにぽちっと☆

[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-28 11:56 | 雑談 振分け

ダメダメ病。

c0088343_844465.jpg

眠い眠い眠い。
とにかくよく寝てる。
ここじゃ書けないくらいに、眠るダメっぷり。

きっと今年は、年間睡眠で平均取ったら、一日睡眠時間がとても平和な感じがする(笑)

なんだろーなぁ、これ。
今年は初めてのパターンがちらほら出てきていて、戸惑います。
一日活動して一日寝るのが楽な時もしばらく続いたし…変なの。

冬眠できそう。
いや、許されるならしたいんです(をい)




いくつになっても、季節の温度変化に体が対応仕切れずにバランス崩します。
でも、純粋に頭痛や熱や風邪ひくとかの症状で現れていたし、眠いってことはなかったんだけど…うーん、なぜ。

あ…暖を取ってないからかもしれない。
だって、あったかくなって来てたし灯油買ってないもん。
余ると大変なんだもん(毎年予測失敗。涙)
ラストの分をちみちみ使ってます(をい)
寒いから眠いのかも。

うわぁ、ソレはなんかイヤー。
でも、寝る。
おやすみなさい。
[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-27 08:44 | 雑談 振分け

絵を描く理由。

ほんというとわかりません。
自分には、才能や技術や基礎が無いことを誰よりもよく知っています。
感受性が豊かな方でもありません。
どっちかというと、気が利かなくて鈍臭いです。
でも、描くことをやめられない。
やめた自分を想像できない。

コレって何でしょ(笑)

一番古い作品は、五歳に描いたものです。
今は亡き父上様が、社の個人ロッカーに入れていたらしいのです。
死後に、他の私物と一緒に戻ってきました。
ソレが一番古い作品です。

母上様が言うには、小さな頃からおもちゃよりも、紙と鉛筆があれば大人しくしていたそうです。
記憶的には、幼稚園の年少さんの時のものが一番古い。
園でもらうスケッチブックを早々に描き潰し、肌色のマーカーを何度ももらっていました。
よく覚えています。

アタシにとって絵を描くというのは、自己表現ではありません。
だって、自分が呼吸していることを周囲に知らしめる人はいないですよね?
「アタシは息をしています!吸って吐いてしています!見てください!」
なんて言いながら生きていく人はあまり居ないと思うのです。

アタシは師事する人が存在しません。
目指す人は居ないのです。
常に見つめるのは自分と周囲と少し広げた世界だけ。
これは、強みでもあり弱味でもあると思っています。
学ぶものが目の前に居ない変わりに、その壁を越えられない、追い付けないというジレンマに悩むこともないのです。

うまくなりたいとは思います。
自分の中にある世界をもっと自由に表現したい。
描く力が足りないという壁にぶつかることは多々あります。

自分に出来ることが何なのか見失いそうになったり、掴んだロープを離してしまいそうになったりもします。
師がいたならば、そんな時には、道標になるのかもしれません。
未熟な自分の前を行く師というのは、自分の道を踏み外さない灯りになると思うのです。

アタシはいつも絵を描きます。
つまらない楽描きばかりでも、そのあたりの紙にちまちまと描いて過ごして来ました。
運動場の砂に、窓の曇りに、花火や石でコンクリートに、ジョウロで砂に、ケチャップでオムライスに、マヨネーズでえびせんに、枝で花びらに、小さな頃からアチコチに楽描きをしてました。
今は、紙や色紙に代わりましたが、気持ちは同じです。
何か描きたいと思うと、何をしていても途中で中断してしまいます。
「ちょっとダケ」と思いながら、楽描き開始です。

描きたいから描く。
当たり前の気持ちなんですよね。
お腹が空くのと同じ。
ゴハンを食べるように、アタシの中の何かが絵を描きたいと思うんだと思います。

絵を描く理由。
アタシの場合、生きているから描いているのかも。
生きるためにではなくて、生きている「から」。
目標ではなくて、結果。
未来に見据えたものではなくて、アタシが歩いたあしあと。
きっと、そんな感じ。
[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-24 03:34 | 雑談 振分け

家飲みしてもいいっすか&おバカ劇場。

c0088343_23484541.jpg

c0088343_23484513.jpg

c0088343_23484516.jpg

今日はもう寝れないから。家飲みしてもいっすか。

知っている人は知っているレベルの小さな情報ではありますが、繰り返し告知。ひなたは酒を飲みますが、家じゃほとんど飲みません。
飲食忘れるような生活しながら、酒だけは忘れないっていうのもどうかと思いますしねぇ、奥さま(笑)

アタシが自主的に飲むのは、「いやっほう♪」の使い方を間違うくらいに病んでる時か、んまいチョコを与えられてそれを口実に現実逃避する時か、家人に付き合ってやむを得ずの時。
おかげで、酒が減りません。
宅に酒が無いわけじゃないんざますのよ(爆)

さて話を戻して、と。
なぜ今宵は家飲みなのかと申しますと、我が家に自分を足止めしとくためですのよ。
飲んだら乗るなは、当たり前ですが…まぁ、以前は多少目をつぶっていたわけざます。
ええ、自分自身が(笑)
しかし、いつも行くお店でも更に飲酒運転禁止を強化。
それには従わねば!
つーのは、ただの言い訳で、疲れてるとかなり運転が危ないという自覚が出てきたからっていうのが真相かな(自覚遅っ。笑)

最近一番びっくりした危険運転といえば、時々とはいえ、もう10年以上立ち寄る駅のロータリーを抜ける時に逆走したコト。
一方通行ロータリーなのはわかっているはずなのに、判断力のカケラを使うこともなく逆走。
前からタクシーが左折してきても、一瞬意味がわからず「タクシー逆走やん」などと思っておりました(泣笑)

うふ。

今年入ってからは、数々の危険に見舞われ、自分の運転不得手加減を思い知る結果となりました。
運転と料理と人見知りは、長くやりゃいいってもんでもなくてー、向き不向きが顕著に現れると昔から訴えておりまするが、みなさま「慣れ」だの「経験」だのと…10年経っても無理なのに、そんな劇的に変わるわけなかろうがっ。

ちっ(絶賛ヤサグレ中)


慣れや経験で自然に回復出来るのは、子供のうちだけじゃないかしらと思わずにはいられない今日この頃。
まぁ、苦手なのは腰や膝や足首のせいもありますが、嫌度割合的には少しだから大丈夫かな。
しかし、アタシはみなさまが思うよりも、腰をメインに右足関節類は痛めております。
基本元気に跳び跳ねているので、わかる方がおかしいという罠もあるとか無いとか(笑)

そうだ、なぜ足止めかと申しますと!
翌朝に母上様を駅まで送らねばならないからなのです。
雨なら帰りも…orz

夜型のワタクシが、昼住人の朝と夕の時間帯をカバーすることがどれほど大変か、やつはわかっておりませぬ。
そして、決められた時間に合わせて行動するストレスもわかっておりませぬっ(をい)

というわけで、最近半昼住人だったアタシは、今宵時間調整のために起きておきます。
うきーっとなって、家を飛び出さないように、家飲みしつつ、ちみちみ作業もしつつ…自分をごまかしごまかし朝を迎えようかと(笑)

湯船でチューハイも捨てがたいけど、今は助けに来てくれる人が不在のままだから、案却下。

明日母上さまを送ったら、すぐに寝ようー。

何飲もうかなぁ。
お品書きは下記参照(爆)



オリーブのお酒
-196℃ZERO DRYオレンジ(母上がくれた)
金麦リッチモルト(買物したらくれた)
加賀梅酒
杏露酒
麦焼酎兼八(大好物)
FOUR ROSES 黒(メインで大好物)
フランジェリコ
Glenfiddich 18年
珈琲酎
PASSOA
WILKINSON
BOMBAY SAPPHIRE
Tanqueray No.TEN

アルコール外
Marianna(乳酸菌発酵ラ・フランス果汁ブレンド乳性飲料)
牛乳
野菜ジュース
紅茶
カップスープ
味噌汁
爽健美茶


ジンが冷凍庫に常備って素敵♪

さて風呂風呂♪
上がったらご飯ご飯。
食べる気力が残っていますように(をい)
[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-22 23:48 | 雑談 振分け

19枚…ボツ。

母上様の職場の人が、退職して小さな料理屋さんを始めるそうな。
母上様に、店名を色紙に書いたものを贈りたいんだけど、と頼まれた。


アタシは書道家でもなんでもないので、断る方向90%で動いてるけど、万が一可愛く書けたらあげようと思ってせっせと書いてみた。

結果、残念な色紙が大中取り混ぜ19枚。

とてもじゃないけど、頭の中のものに近づかない。
いや、ちょっとは近付いたけれど…そうねぇ、例えて言うなら『京都に徒歩で向かっています。今深井の駅デス』ってくらいかな(笑)

着くよ、確かに歩き続ければ着くよ。
でも、何時着くんだ?
その時、アタシは無事なのか!?(泣笑)



母上サマー。
貴女の知らないトコロで、娘は玉砕しておりますよ。
きっとアタシは、そっけなく言う。

『一応さ、書いてみたけどやっぱり文字だけは無理。他のものでもいいなら持っていくけど?』


母上様の『無理なら構わないんだけどー』に、娘がどれほど奔走して時間のやりくりしてる事かっ。
そしていつも言われる。
『ひなたちゃんはいいわねー。お母さん、あなたみたいになりたいわー』

はっはっはっはっはっ。
アタシは誰にもなりたくねぇよ(爆)
[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-22 06:49 | ひなたの母上さま

個展しゅーりょー(14 日に。笑)

今回も無事に終了出来、心よりほっとしています。
作品たちも多数嫁に行きました。
気に入ってくださり、連れて帰ってもらえるご縁を嬉しく思っています。
作品は、ただの紙一枚のモノです。
そこに文字が乗り、『ほの』たちが住み、色がついて完成する世界です。
その小さな世界に、紙一枚以上の何かを感じてもらえて感謝しています。
アタシの描く作品は、アタシにしか意味の無い世界だったはずなのに、こうして共有してもらえるなんて、ほんとに不思議な縁だと思います。
ありがたいと思います。
あらためて感謝します。


まるで長い旅のような一ヶ月個展でした。
描いてるものはゆるいですが、何かと精神的に追い詰められ…ゴホゴホ(笑)

というのは冗談で、会を重ねる毎に周囲の協力に支えられて開催出来ていることに感謝しつつ、最終日を迎えました。
ありがとうございます。

ワタクシ事ではございますが、ちと今回不運が重なりまして…食事を後回しにしまくるひなた。
愛のリアルゴハンを差し入れしてくださった方々には、大きく感謝。
喘息めいた咳に苦しむひなたに、薬や食糧支援してくださった方々にも大きく感謝。
現実逃避や気分転換に連れ出してくださった方々にも大きな感謝。

今回は、今までになくみなさまに支えてもらって実行できた個展でした。
ほんとうにありがとうございます。
一人でも欠けていたら、どこかでアタシが転んでいたかもしれないなと思うほどに、『みんな打ち合わせしてんのかっ?』てな感じで、隙間を埋めあうような支援に感動(笑)

モチロン、アタシ個人を支えてくださった方々だけではなく、会場として使用させていただいているアジャラのスタッフさまにも感謝。
特に店長さんは、うちの『ほの』たちを可愛がってくれている人物なので心強かったです。
いくら、イベント業務だからといっても、アタシにとって大切なモノを任せることに変わりありません。
そこに信頼が生まれないと作品を預けるのは不安になるものです。
その心配が和らぐだけでも、ストレス減ります(笑)
ほんとにお世話になりました。

そして、第一回目から、根気よくひなたを応援してくださる喜色満面堂の社長さまには、より一層大きなありがとうと感謝を。

ブログやメールで応援してくださった方々にも、感謝。
ありがとうございます。
力をもらえました。

今回は都合が合わなかった方も、次回は是非会場でひなたと同じ時間を過ごすために足を運んでくださいね。
楽しみにしています。


ひなた
[PR]
by hinata-honobono | 2009-03-17 18:34 | 雑談 振分け