2009年 05月 26日 ( 3 )

南海バス。

シートベルト着用の全席二人がけっていうバス…初体験(笑)

通路狭っ(>Д<)ノ″


あ…ネブソクのためか、携帯見てたら数分で早々と車酔い。

ではこのへんでー。
いってきますー。
[PR]
by hinata-honobono | 2009-05-26 10:21 | 雑談 振分け

夜中のミッション完了。

c0088343_524381.jpg

c0088343_524485.jpg

あと三分で家に着く…そんな地点で、行き倒れ(自転車付)発見。

車道にバッタリと寝転んでいるので、最初は大きな荷物に見えた。
人だと気づき、恐る恐る近づいて声をかけてみた。

「大丈夫ですか?転んじゃったんですか?」

起き上がれなくて、とロレツの回らない感じで答えが来た。
かなりの酔っ払い。

「自転車端っこに寄せますね」

二車線の片側を完全に防いでいるのは危ないので、とりあえず避難。
自転車をよけて、おばさまの片腕に腕をまわして、立ちあがるのを補助しようとしたところ…片腕じゃ役に立たねぇ…orz

忘れてたよ、握る・殴る・蹴る以外に関しての自分の非力さを(涙)

背後にまわり、両腕を抱えて抱き起こすことに成功。

「そのまま、しっかり立っていてくださいね。自転車持ってきますから」

おばさまを、自転車に寄りかかりながら歩かせて、アタシは反対側で腕をホールド。
油断すると、自転車の方へ倒れ込むので注意注意。
途中、自販機を目にして止まったので、何か飲みたいのかと聞いてみたけれど、首を振り通過。
次の自販機でも止まったので、

「お水でも飲みますか?何か欲しいですか?

そう聞くと

「コーヒーが欲しい」

との希望だったので、財布を取り出すために腕を離し、自販機へ向いたその時、おばさまは自転車側へ見事なダイブ!

「だっ、大丈夫ですかー!!!!!」

アタシ自身も泣きそうでしたが、そんなことも言ってられず…orz

おばさまをしっかりと座らせて、自販機へ向き直しました。

「コーヒー飲まないので、わからないんですけど、どれがいいですか」

「ブラック」

ブラックのコーヒーを手に持たせて、倒れこまないように言い聞かせて、しばらく自販機の前で休憩。
自転車は倒れてますけど、そんなこと気にしません(笑)

「おかねを…」

缶コーヒーの代金を支払ってくれようとしましたが、そんなことはもうどうでもいいんです!
一秒でも早く、無事に帰宅させたいんですアタシ!!

ひどく酔っているため、ゆっくりしか飲めず、おまけにこぼす率が高い。
服やら、顔やらにこぼれるので、それを拭きながらお話しました。

お知り合いの誕生日を祝ってあげるために、みんなでカラオケに行っていたそうです。
誕生日の人は一番先に帰ってしまったと不満そうでしたが、「きっと喜んでくれていますよ。それでいいんですよ」と言うと、納得したようでした。
焼酎を飲みすぎたようで、そのことに対しての自覚はあるようでした。
楽しかったので、つい飲みすぎたと言っていました。
お誕生日の方は、いつも家で冷たくされているらしく、かわいそうだからと今回のお誕生日カラオケを考えたのだそうです。

おばさまは、やさしい人なんだと思います。
ご自身は、一人暮らしだと言っていました。

コーヒーを半分くらい飲んだところで、タバコを一本吸いたいと言うので、カバンから取り出してもらい(結局一緒に探したけれど)、ライターで火をつけてあげました。
半分眠りそうだったので、起こしながらの一服タイム。
ええ、自転車はこけたままですが、何か(笑)

ようやく、出発出来そうだったので、おばさまを立ち上がらせて、自転車の方向転換させた瞬間、またもやおばさま一人ダイブ!!!

「大丈夫ですかー!!!!!!!!」

アタシも、一緒にダイブして倒れていたいです…(T△T)

おばさまは、手を少し擦りむいていましたが、頭を打たなくてよかった。
抱き起こして、自転車につかまらせて、反対側から腕をホールド。
てくてく歩いて送って行きました。
おばさまのお住まいは、団地の五階。

よりによって、なぜ五階…orz

自転車置き場に、自転車を置き、腕をしっかり持って階段を上りました。

「鍵はどこですか、わかりますか?」

「鍵はかけてません」


!!!!!!!!!!!!!!!!!


えーっと、不用心すぎます(涙)
それでも、今はそんなことよりも無事に家の中に入れてしまうのが先。
戸を開け、おばさまを玄関に座らせて、ミッション完了。
ほっとして、おばさまのお住まいを後にしました。

アタシが発見するのがもう少し遅かったら、横を通り過ぎたパトカーが発見していたはずなんですが、ひどく酔ったおばさまが誰かの連絡先を説明出来るとも思えません。
一人暮らしなので、すぐに誰かが来てくれるわけでも無いと思うのです。
酔いが覚めるまで、警察に滞在していることを思えば、多少すっころんでもアタシと帰った方がよかったと思っています。

おばさまを送りながら、アタシも自分のことを思いました。
アタシは、お酒を飲む機会が多いです。
過去には、とんでもなく酔っ払ったこともあります。
でも、一人で転びながら帰ったりしたことも無いですし、動けなくなって座り込んだりしたこともありません。
そんな状態の時には、誰かが一緒に帰ってくれていました。
ありがたいなと改めて思います。

おばさま、ちゃんとお布団に入って寝たかな。
二日酔いにならないといいんだけどな(笑)

ミッション完了して、1時30分くらいには帰宅しました。
おつかれさまー^^
[PR]
by hinata-honobono | 2009-05-26 05:02 | ひなた コマまんが

ハプニング!

もう少しで家!というところで、ハプニング!!

人と自転車が道路に倒れてる!
支えなくちゃ歩けない様子なので、家まで支えて送ってきます…orz

詳細はのちほど。
[PR]
by hinata-honobono | 2009-05-26 00:57 | 雑談 振分け