禁断症状(笑)

c0088343_4365813.jpg気が付けば、最近、チョコレート!!というものを口にしていなかった。
案の定、禁断症状が出た(笑)
チョコレートが、『入っている』だけのスイーツでは、カバーすることが出来ないこの症状。
解決方法は、チョコをばくばくと食べることのみ。

それも、何でもいいわけではないのが難点。
冷蔵庫にちょっと残っていたチョコレートをばくばくと食して、ひとまず禁断症状は落ち着きました。
よかった(笑)

 一日一回ぽちっと 『ほの』応援お願いします♪

作品が見つかりにくいかもしれませんので、こちらをご覧ください♪
『ほのぼの』販売品♪ 『ほのぼの』和風作品携帯待受け☆ 個展情報
商品が決まったらお好きな作品を選びましょう♪

季節の待受け画像は、当分はサービス配布ですので、この機会に是非ご利用ください。
携帯アドレスをご連絡頂いた方に配布させて頂いています(笑)
-------------- お願い --------------
無許可での画像転載・転用・持ち帰りはご遠慮願います。
著作権は放棄しておりませんので、ご希望の方は、メールくださいね♪
---------------------------------




冬中風邪気味状態のひなたは、現在も体調万全とは言えず、ちょっと苦しみがち(笑)
それは、毎年のことなので、慣れっこなのですが、風邪の症状によっては、凹みます。
耳にくるとちょっと辛い。
目を使いすぎるせいでしょうか?
改善方法がよくわからないのですが、目の奥と、耳と頭痛が仲良くやってくると、もう精神的に打撃倍増。
これに、発熱というスパイスなんかかけられた日にゃ!<人格変わってますよ(笑)
昔から、ストレス性の偏頭痛があるので、こちらもやってこられると、Wパンチどころではありません。
何かで、切り刻まれた方が耐えられるんじゃないか?っていうくらいに、めげます。
人間っていうのは、目に見える傷の痛みの方が、耐えられるような気がします。
ひなたは、痛みには結構忍耐力があると思うのですが、耳と目の奥はほんと神経がやられてしまいますorz
偏頭痛の時は、髪の毛にブラシを通しても痛い。
手の届かない場所に、ピンポイントで針でも刺されたかのような痛みが走ります(笑)
コレって、ほんと説明だけじゃ伝わらないので、実体験させてあげたいくらい<嫌だろソレは

でも、人間の体と心って、ちょっとずつでもたくましくなるんだな、と実感中。
まだ、社会という中の人間関係から遠ざかっているので、実際に回復しているのかどうかはわかりませんが…人と接するストレスでの蕁麻疹や、頭痛・発熱の発症率が減りました。
『子供じゃあるまいし…(笑)』なんて、簡単に言われると胸が痛みますが、『大人になれば治る』と信じて、10年以上も苦しんだので、もうソレは信じません(笑)
そんな言葉を発する人には、ちょっと不信感芽生えます(爆)
人には、それぞれのペースがあるのです。
『自分もそうだった』と、経験談を交えて、励ましてくれる人もいたのですが、アタシは、その時、その瞬間に苦しんでいたので、回復した人の妙な励ましをもらっても、現実実がなく、共感は出来ませんでした(笑)

体験談を話してくれる人は、二種類にわかれると思います。
『自分』のことだけに焦点を置いて、話をしている人。これは結局、『自分』の話がしたいだけで、どれだけ聞いても心には響かないし、本気で相手の心境なんて考えていません(笑)
もうひとつは、自分の体験談を交えて、『こういう角度もあるんだよ』と示してくれる人。これは、『自分』の話がしたいわけではなくて、相手を否定もせず、自分の経験もひとつの情報として相手に見せているだけなので、参考になります。
前者のような励まし方をする人は、『死にたい』というひとに対しても、『死ぬ気になれば、なんでも出来る』、なんてことを言うんだろうなぁ、って思います。
ひなたは、口が裂けても言えない台詞ですorz
止めることはしますが、それは、ひなたがその人に命を絶ってほしくないから止めるだけであって、『死ぬ気になればなんでも出来るよ!』という理由ではありません。
実際、『死』を選ぼうとしているほど、絶望している人間に対して、そんな軽い台詞を口には出来ません。
どんなつまらない理由であっても、その人は、今、死ぬほど悩んで苦しんでいる。
誰の基準で、『そんなことで死ぬな』なんて言えるでしょうか。
…って、ダメだ、だんだんダークな内容になってるorz


話をもどして。
人間関係や、対人関係に関しては、周囲に散々言われたけれど、別に、社会人になったからって、見違えるような回復を見せるわけじゃなかったし、社会に入って多くの人間に接したからといって、治るものでもありませんでした。
結果は、ひどくなって、対人関係に対応できずに、病院に通いながらの通勤でした(笑)
ストレスためすぎて、蕁麻疹を出して会社を早退したり、勤務中に抜けて病院に行ったりしました。
経験したことのない人は、笑うかもしれませんが、人と接することが怖い人もいるのです。
アタシは、今でも手に汗握って、人とお話します。
緊張せずに話が出来る人は、数名しかいません(笑)

『大人』だから、対人関係がうまくなるわけではありません。
うわべだけうまくいっているように見せることは出来るでしょうけれど、心の中までは誰にもわからないと思います。
事実、アタシが接する人達で、本音を見せてくれる人達の中には、一見上手に社会に溶け込んでいるように見えても、心の中に、ぽっかり穴が開いていたり、わけのわからない孤独感に襲われたり、意味もなく1人涙することだってあると言います。
アタシは、体に症状が出たので、『うわべだけ』の関係を続行することが困難だったにすぎず、意外と周囲にそういう人はいるんだな、って思います。

二年前のアタシなら、そんなことを思う余裕は無かったです。
ほんと、人ってありがたい。
『子供じゃないんだから、しっかりしなさい』と放り出さずに、根気よく元気付けてくれた人達に支えられていたとほんとに思う。
今も、それは思う。
今も、変わらず支えられていると思う。
頼りないひなたを、支えてくれていると思う。
一緒に、『ほの』のことを考えたり、心配してくれたり、アタシと『ほの』を支えてくれていると思う。
いつも、いつも、ありがたいと感じる。
伝える術をもたないけれど、いつも感謝しています。

めげたり、凹んだり、落ち込んで浮上出来なかったりすることも多々あるけれど、随分抱え込めるようになりました。
それが、いいことなのか、悪いことなのかは、未知の部分ですが、大丈夫です。
今はまだ、大丈夫(笑)

美味しいものとチョコレートでなんとか修正可能です。

がんばります。
[PR]
by hinata-honobono | 2007-01-17 03:28 | ひなた コマまんが
<< 何かを作るということ。 ひなたショーック(笑) >>