ボサノバライブの中で♪

本日は、ボサノバライブでした。

いえ、忘れていたわけではありませんorz

お店に到着して、恩師と恩師の連れの青年と合流。
扉を開けると、スタッフが来て

『ひなたちゃん、今日ライブだけど…』
『!!!!!!!!!!!』





ライブが問題なのではなくて、ライブ代がちょっと飲食とは別途かかるので、恩師と青年にお知らせしておかなくてはいけないところ、すっかり失念の自分に涙が…。
優しい恩師と青年は、全く気にせず、『年に何回かしかないライブの日が個展と重なって、その日に来れたなんて、すごい確率!』と言って、喜び楽しんでくれました。
よかった(TT)

個展には、ずっと顔を出してくれている恩師。
本当にありがとうって思います。
一点一点、ちゃんと作品を見て回ってくれます。
青年も、見て回ってくれていました。

本当に作品を見る気があるのか、無いのか、すぐにわかります。
でも、アタシはそれについてはどっちでもいいです。
『個展に来ました』と言いながらも、結局作品なんて見ていない人だっていますから(笑)
強制してみてもらっても、アタシも『ほの』達も、嬉しくなんてないです。
そんな人には、聞きたくなります。

『家に帰って、展示していた作品思い出せますか?』

確かに、ひなたに会いに来てくれる人だっています。
それは、それでとってもありがたいし、感謝しています。
しかし、その人には、『個展見に行った』と言ってほしくないのです。
それは、ひなたのわがままであり、自分勝手な言い分。
だから、強制はしません。
アタシが、誰かに『見て回って回って♪』と言っている姿を目にしたなら、そう言われている人は、かなり親しい人か、信用している人です(爆)

『個展に来た』と言ってくれるのなら、アタシじゃなくて、『ほの』達と仲良くして帰ってほしい。
それは、大きなわがままでしょうか。
ムリなことでしょうか。

自分にあてはめてみれば、誰にだって理解できることだと思うのは、傲慢でしょうか。

人間関係をつなぐだけのために、足を運んでほしくはありません。
アタシは、『付き合い』を続けるために、人間関係を結んだりしません。
その人と繋がっていたいから、関係を続けるだけです。
本末転倒気味の人を見ると、少しだけ悲しい。

…だんだん、何を言っているのか、わかりません(笑)

えーっと、話を戻して<イキナリかい

c0088343_3324029.jpgボサノバシンガーのsatokoさんが、店内に居ました。
お店に入ったアタシに向けて、店長さんが『あ、ひなたさんですよ』と紹介。
アタシは何のことかわからずに、誰かもわからずに、とりあえず、ご挨拶(笑)

嬉しいことに、satokoさんが、『和ほの』を気に入って、ご予約してくださっていたのです♪
素敵なご縁です。

アタシは、歌詞の意味がわからないけれど、ボサノバ大好き。
ポルトガル語が好きなのです。
『ほの』がとりもつ不思議なご縁。
satokoさんは、東京にお住まいなので、うちの子は、東京で暮らします。
仲良くしてもらえたらいいな、って思います。

ライブの終了後、恩師と青年は帰宅しました。
とても楽しんでもらえたみたいで、本当に嬉しかった♪
『次回も、是非連絡ください』
青年は、そう言って帰って行きました。
そのコトバは、とても力になります。
ありがとです♪

その後、飲み仲間のお姉さんが来店。
開催期日を忘れていたらしく、慌ててやってきた模様(笑)
アタシも、忙しくしていたので、ついつい催促連絡を忘れていました。

ま、仲良しなので、ここはお互い様ということで<ソレでいいのか

たくさんお話して、楽しい時間を過ごしました。
気に入ってくれてよかった。

今宵も、ひなたの周りには、とっても幸せな時間が流れておりましたよん♪

satokoさんのCD買ったので、メッセージ書いてもらいました♪
うーれし♪

個展のメッセージノートに、satokoさんのメッセージがありました。
こういうちょっとした気遣いが、ほんとに大きな力になります。

素敵な夜でした♪

c0088343_3333964.jpg来店した友人がアタシのために作ってくれたアレンジフラワー♪
ふふふ♪かわいい♪




『ほのぼの』応援ポチっと♪
[PR]
by hinata-honobono | 2006-09-29 03:33 | 個展&展示関係
<< 29日あと二日♪ るん♪ご来店♪ >>