純粋なものに限りますが。

c0088343_10394265.jpg



昔から、何かの試合の勝敗にウダウダしてる選手を見ると「マジで?」と思います。笑

プロアマ問わず、審判に恵まれなかったとか、判定機械の調子が悪かった等
中には明らかに自分の実力以外の要素が絡んでいる場合もあるでしょう。

「審判」に関しては、小さな試合程何か絡んだり、大人の事情があったり・・・
まぁ、本当にどないもならない場合があるので、置いといて、一般常識的な部分で考えます。

仮に、野球やサッカーでも判定が微妙な審判に当たったとして、それは自分だけでは無いですよね。
相手があるものなら、相手もその思いは同じ。
同じ条件で戦ったなら、勝敗に文句は出ないはずでは?と思うのです。

過去記事にも記載していますが
「今日は調子が良くなかった」
「○○を痛めていた」
こんなことを負けた直後にブツブツ言う人、ほんとにいました。

それって、対戦相手に失礼では?
相手は貴方が調子悪かったから勝利出来たとでもいいたいの?

勝敗の前に、その精神に問題ない?

「勝てたはずだった」
そんな台詞は、自己分析して反省出来る人間と、他人が言うものだ。
素直に負けを認められず、同情して欲しいだけの本人サマが言うな(笑)


勝利にはさ、実力と見えない何かが働く時があるとアタシは思う。
極端な話、勝利に理由が見つからないのは構わないけど、敗北には理由がたくさん詰まってる。

「今日は調子が悪い」
それは、すでに自分の力の一部でしょ。
相手がベストな状態だったなら、それは相手の方が一戦一戦を真面目に見つめていたんでしょ?

負ける事には理由が見つかると思う。
乱暴な言い方だけど、軽い努力しかしないのになんで「勝ちたい」と思うのか本気で不思議。

努力してる人に対して失礼だと、少しだけ気付いて欲しい。




なーんて言いながら、実際に応援してる時は「どこ見てんねん、審判!今のは得点入ってるやろ!」とか全力で思ってる訳ですが(笑)
卑怯な勝ち方した相手には毒電波も飛ばしますが、何か。

アタシは脳内でかなりの身内贔屓をしていますが、それを口に出すのは一部に留めているつもりです。
当の本人にだけは負けた事を何かのせいにして欲しくないのです。

純粋な勝負には前向きに対して欲しいのです。
心もつよくなーれ\(^-^)/














お前は人間苦手なくせに。笑


裏方オンリーな作家にえーるを

[PR]
by hinata-honobono | 2013-05-16 10:39 | ひなた コマまんが
<< 本日の小ネタ。 ミラクルヘア。 >>